比婆山の案内 

いざなみの命(妻神)が葬られたとする山の比婆山は出雲地方に自称 他称を含めて10数カ所あります

いざなみの命(女神)はひのかかびこの神またの名を火のかぐの神をお産みになり、みほとを(産道または女陰)を焼かれて、亡くなられました。
そこでいざなみの命(女神)は出雲の国と伯伎の国の境の比婆山に葬られました  古事記より

この比婆山については多くの説があり場所としてはあのヒバゴンノ現われる広島県比婆郡比婆山が有名であるが 出雲地方ものを書いています

この内 伯太町の比婆山  八雲村の比婆山 ついて記述しています


伯太の比婆山

伯太の案内        久米神社奥の宮  



島根県能義郡伯太町横屋
伯太町は島根県の東端に位置し、鳥取県との県境の町です。
北に安来市、西に広瀬町、東は米子市・西伯町、南は日南町
に接しています。東西11km、南北17.5kmあり、町の中央を
伯太川が流れています。総面積は95.87平方kmで豊かな自然に
囲まれています。伯太町ホームページより

国道9号線安来市街より伯太町行く道を進むとすさのをの命の伝説の地
”母里”の町並を過ぎると井尻の農協(J.A) が左にありここで比婆山の場所
を聞くと、奇麗なお嬢さんと昔のお嬢さんが親切に教えて下さいます。
お礼に雨合羽でも買ってあげて下さい
                        

        撮影    1997 11 6

前のJAを過ぎどんどん川上に上ると左側に渡部牧場の建物が大きく見える
 ここの製品でヨーグルトとプリンはこの牧場で造られたもので世界一美味しいと言われる  (プリンを一個貰えるかなと思って書きました)
さらに少し行くと右側に久米神社の下の宮が見えます
(車で安来から20分 東出雲から30分で)
この境内の左に比婆山の登山口があり急な坂は整備されてはいるが、登山靴のほうが登り易いようです
登る途中は所々で伯太町横屋の街が見え、運がよいと大狸が木株の下の巣か 顔を出して歓迎してくれるかも知れない。

神様の御使い御狸様だから化かしたりはしないのです。”しょうじょう寺”
から親戚のお狸さん来ていたら腹鼓が聞こえるかも。

下の神社から徒歩で30分から50分で頂上の鳥居が見えるので行くと広場
がある。この広場の奥左に久米神社奥の宮がある。地元の人は上の宮と言われるようです。広場から奥の宮に行く道は判り難いが、有る有ると
信じて探して下さい 鳥居に蜂の巣があることがあるのでご注意
               
 戻る
6月から8月は登山路は草がぼうぼうと生えているので、上の宮のお祭りが
5月9日と9月9日にあるのでのこの日の後か すぐ前は薮のような道は刈って整備されている  ホームへ