ビンゴゲームの勝者に贈る(川神正輝)

授業のはじめには『Let's "ENJOY BINGO"』(浜島書店刊)を使ってビンゴゲームをしている。
今年度は、5列ビンゴで「勝ち」である。学級の半数の生徒(16人/32人学級)が5列ビンゴになった時点でゲームは終了する。
または対戦相手を決めて(隣に座っている生徒とのペアなど)どちらが先にビンゴできるかを競ってもよい。
(教師が35個の単語を読んで終わる、などと決めておいてもよい。)
毎時間5分程度かけてやっている。
生徒がきちんとビンゴシートを記入しているかどうかは「定期テスト」の頃(学期に2回)チェックしている。
なお、そのときに「勝ち」の回数を計算させる(自己申告させる)。1位から3位くらいまで生徒に以下のミニ賞状を渡している。
「拍手!」だけよりも喜ばれている。

* Bingo Award *

Congratulations, Masateru Kawakami !
You have won 1st place in the 1999 Bingo Games.


Kazuki Fujii
Your English Teacher
Tom Smith
Your ALT

雛形をプリントアウト(わたしは葉書作成ソフトを利用している)して、下線部は手書きにしている。