黒耀石の露頭   


隠岐諸島は島根半島(本土)から離れること60キロ


@都万村、A五箇村、B布施村C西郷町、
この一町三村を島後(どうご)といいます。

そして、D海士町、E知夫村、F西ノ島町
この三島を島前(どうぜん)といいます。

黒耀石の採掘は、A五箇村の印久見(くみ)地区で
行っています。また、@都万村の津戸C西郷町の加茂
や津井(さい)でもわずかに確認されています。






左の画像は、印の久見地区採掘場です。
採掘は露天堀(ツルハシで手堀)で父と私
で行っています。
黒く見える物が黒耀石で、大きさは米粒大から
何十キロと様々であり、石の質は真っ黒、縞入り
(黒系、紺系、茶系、グレー系)そして、透明度の
高い石と掘る場所で違っています。



    採掘について
  *大山隠岐国立公園内により環境庁、そして採掘権(島根県)、地権者等の許可が必要です。

    

   mail to koji@sx.miracle.ne.jp    戻る  INDEX  次へ