『隠岐学セミナー関連書籍』
【増補・新版】隠岐島コミューン伝説/松本健一著/頸草書房発売・辺境社発行













隠岐の島町の玄関西郷港は江戸時代中期より北前船の寄港地として栄え、明治25年に訪れた文豪小泉八雲は、その著書「明治日本の面影/講談社学術文庫」の中に当時の様子を記しています。隠岐学セミナーは、西郷港に程近い隠岐島文化会館で開催されています。

西郷港界隈の情報は以下のサイトで



















西郷港より徒歩3分。
隠岐堂書店にお車でお越しの際は、当店前方のお客様専用駐車場をご利用下さい。
Honya Clubでご注文頂いた本を
隠岐堂書店で御受取頂けます!
隠岐関連書籍は当店隠岐関連書籍コーナーで隠岐学セミナー関連書籍好評発売中!
隠岐関連書籍
『隠岐共和国ふたたび』
「隠岐学セミナー」での出会い
牧尾 実著

論創社
定価1575円(税込)
発売中!
隠岐島と十津川を繋ぐもの
隠岐の革命(明治元年)、
儒学者中沼了三、文武館・・・
isle of oki vol.9』発売中!!
[contents]
地図に沈む太陽 ノスタルヂア 地方の文化と改革
爆撃手の運命 「現場主義」を超えて ひといろ

published by division of isle of oki
定価700円(税込)

『渾身』集英社
川上健一著
定価1680円(本体1600円)

「隠岐の古典相撲をテーマに
した小説」
『水若酢神社』
水若酢神社編
学生社
2100円(本体2000円)
『相撲島』
ハーベスト出版
飯田辰彦著
1600+税

隠岐の古典相撲のルポ
『日本海と竹島 第4部』
東洋出版
大西俊輝
本体4,000円+税


これは竹島一件(元禄時代に日朝間で争われた
領土紛争)についての最も詳細な記録である。
事件の原因、経過、そして、その結末を明らかにする。
記述したのは対馬府中藩士の越常右衛門克明である。
『隠岐古典相撲誌』
大巾会35周年/新隠岐空港開港
記念
隠岐古典相撲大巾会
定価2000円(税込)
『隠岐国分寺蓮華会舞の研究』
高梨徳義(文)
野津龍(写真)
山陰ランドドットコム
1000円(税込)
講談社学術文庫
『明治日本の面影』
小泉八雲著
1523円(税込)

明治25年夏、隠岐汽船での隠岐への旅が
描かれています。