その時太郎がふーっと浮かびあがって来ました。そしてみんな
の集まっている川べりへどんどん近づいて来ました。息をのん
で見守るみんなの目に、太郎のおしりの下に水かきのついて緑
色の手がはっきりと見えました。太郎は、にっこにっこ笑ってい
ます。水かきのついた手は、水の中から太郎をお母さんにわた
すと、静かに水の中にきえていきました。「おーいかわこよー
だんだんなー」「おまえこの子の命のおんじんだー」「水草川の
ことは、おまえにたのむけんのー」みんなは、川湖に呼びかけました。