「寛太何をすーかや!」
「なんにもしちょらせん!へんなことゆうなや!」
「ここには、寛太しかおらんがや!ほかにだーがすーだかや!」
「知らんもんは、しらんけん”」
「知らんはずがないがや”」
二人はもう、大げんかです。