石見銀山資料館

石見銀山の歴史・資料

採掘・製錬道具

かなめ石 かなめ石(石銀藤田地区)

鉱石を溶解する前に、粉砕するために使用した。
鉱石粉砕用の臼は鉱山によって様々であるが、石見銀山ではこのかなめ石が多く使われていた。

うす うす(石銀藤田地区)

鉱石を粉砕するための臼。2分の1が残っており、中央に円錐状の窪みがある。

たがね たがね(山吹城下屋敷)

吹屋跡から出土。小型なので採掘ではなく製錬の課程で使用されたものと考えられている。
石見銀山では、このように鉱石の採掘や製錬の道具である金属製品も多数出土している。

ねこ ねこ(石銀藤田地区)

粘土でつくった炉の壁。

フイゴの羽口 フイゴの羽口(石銀地区)

炉の送風に使われたフイゴの羽口。石見銀山では方形の羽口が多くみられる。

さざえ殻 さざえ殻(城上神社前)

真っ暗な坑内では、サザエ殻に胡麻油を入れ、火を灯して明かりにした。
「石見銀山絵巻」にも、さざえ殻を持って坑内に入る銀堀の様子が描かれている。

羽子板状鉄器 羽子板状鉄器(千畳敷)

鉱山で使用されたと思われるが、用途は不明。

<大田市教育委員会所蔵>

 

石見銀山資料館
〒694-0305 島根県大田市大森町ハ51-1
TEL 0854-89-0846、FAX 0854-89-0159

石見銀山に関する質問又はご意見・ご感想等お待ちしております。
このホームページは石見銀山資料館が運営しています。
Copyright(c)Iwami Silvermine Museum. All rights reserved.