石見銀山資料館

石見銀山の歴史・資料

大航海時代と日本銀

日本銀の動きとその役割

  日本の対外貿易史では銀の果たした役割が重要であった。16世紀初め頃まで日本は銀の輸入国だったが、石見銀山に「灰吹法」が導入された後、一転して銀の輸出国に変わった。
『朝鮮王朝実録』によれば、16世紀後期の朝鮮では日本の銀の流入により密貿易が横行し、これを規制するほどだった。
 村井章介氏によれば、日本―朝鮮―中国の密貿易ルートにより銀が動かされ、「灰吹法」も朝鮮の規制の中をくぐり抜けて日本に伝わったという。 

 一方西欧諸国では15~16世紀、コロンブスやバスコ・ダ・ガマが新大陸に到達すると、スペイン・ポルトガルがアジアに拠点を築き、東南アジアの香料をヨーロッパへ輸出する貿易をはじめた。ポルトガル人が1543年種子島に漂着し、日本に鉄砲を伝えたがことはよく知られているが、その頃日本では石見銀山をはじめとする鉱山の開発により銀の大増産が始まり、世界でも有数の産銀国になっていた。

 当時、中国では銀による納税が定められていたため銀の需要が増しており、スペイン・ポルトガルは銀による中国との交易を望んでいたが、中国では海禁政策をとっていたため、銀は密貿易によって動かされた。その密貿易集団は後期倭寇 と呼ばれている。「前期倭寇」は14~15世紀、中国人・朝鮮人が海賊行為を行う日本人に対してつけた呼称だが、後期倭寇の内実は中国人・日本人・西欧人などを構成員とする多民族集団だった。スペイン人・ポルトガル人はこの集団に参入することで中国との交易を行うことが出来た。日本からは応永8年(1401)から天文16年(1547)まで遣明船が中国へ渡り、公・私貿易をおこなっていたが、最後の2回は銀を積載していたといわれている。

 やがてイギリス・オランダが後に続き日本との交易を始めるが、17世紀はじめ頃の外国の文献『コックス日記』などには、 ソーマ(Soma、Soma)銀と呼ばれる上質の銀が輸出されていたことが記してある。石見銀山のある場所は当時佐摩(さま)村と呼ばれていたことから、石見銀山で作られた銀を指すのではないかとも考えられている。

地図

西洋人の描いた日本地図

 16世紀半ば頃からキリスト教の布教と貿易の拡大を目的とした西洋人たちの活動は、彼らが製作した日本地図に最もよく現れている。日本を含めアジアを描いた地図は、  15世紀~16世紀、アジア進出による情報量の増大と地図製作の技術向上が相まって発展を遂げた。そんな中で日本の形や地域情報が把握されはじめ、鉱山の場所なども地図上に現れるようになる。

オリテリウス/テイセラ日本図(35.5×48.5㎝) 神戸市立博物館 1595年
オリテリウス/テイセラ日本図(35.5×48.5㎝)  神戸市立博物館  1595年

拡大部分
拡大部分:石見銀山の場所が示されている

 1592年にポルトガルのイエズス会宣教師テイセラが製作。1595年にアントワープで印刷されたもの。「Hivami(石見)」の上に「Argenti fodinae(銀鉱山)」という記載がある。

宣教師の見た銀山

フランシスコ・ザビエル 『聖フランシスコ・ザビエル書簡抄』

  「カスチリヤ人は此の島々をプラタレアス群島(銀の島)と呼んでいる。」
  「…日本の島々の外に、銀のある島などは、発見されていない。」

訳者:井上郁二氏・アルーペ神父(岩波文庫)

ルイス・フロイス「1586年・アレッサンドロ・ヴァリニヤノに宛てた書簡」

  「あまり顕栄でない一族(毛利氏)が、知慮と勇気により彼の13か国の領主となるに至った。 山脈と日本の銀とを有する石見国がその中にある。」

訳者:村上直次郎氏
(『イエズス会 日本年報下』新異国叢書4 雄松堂書店)

フェルナンド・ゲレロ『日本諸国記』

  「これによって内府様(徳川家康)は、今までの日本国の支配権を獲得したすべての人の中で最大となるであろう。なぜなら彼は毛利(輝元)殿から、銀の鉱床がその地にある7ヶ国を没収し、9ヶ国の中で2ヶ国だけを残させているが、それらも時を経てから入手するであろうと考えられているからである。」

訳者:田所清克氏・住田育法氏・東光博英氏共訳
(『16・17世紀イエズス会日本報告集』同朋舎出版)

ジョアン・ロドリーゲス『日本教会史』

  「日本の国土には多くの鉱山があって、あらゆる種類の金属を産出する。主要なものは全土にある銀山であって、中国の石見、北の海にある佐渡島、その多くの地にある金山というのがそれである。鉱山から銀をとる方法はあまり古いものではなく、また高田の都市で最初に採りはじめてからあまり年を経ていないといわれ、引き続いて行われていて、今日では、日本人はきわめて巧妙な域に達しており、銀の用途は王国全土にわたり甚だ大きい。」

訳者:浜口乃二雄氏
(『大航海時代叢書』IX)

石見銀山資料館
〒694-0305 島根県大田市大森町ハ51-1
TEL 0854-89-0846、FAX 0854-89-0159

石見銀山に関する質問又はご意見・ご感想等お待ちしております。
このホームページは石見銀山資料館が運営しています。
Copyright(c)Iwami Silvermine Museum. All rights reserved.